このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。私が現在展開中のMLMに関心がある方は、別途、資料請求してください。よろしくお願いいたします!

有給休暇の上手な取り方

バカンス

有給休暇は、労働者の権利です。

有給休暇(年次有給休暇)は、受け取る給料の
額を減らされること無く仕事を休むことが出来るという
労働者にとってはありがたい制度ということはご存知ですよね?

有給休暇はそれぞれの会社が制度として
導入するようなものではなく、労働基準法によって
定められた労働者の権利なんです^^

労働者の権利なんですけど・・・ギリギリの人数で回している
中小企業となると、有給休暇の申請をしても

  • この時期は忙しいから、無理だ。。。
  • 休んだ上にお給料まで支給するのは、バカバカしい

なんて考えの経営者が居たり
「うちの会社には有給休暇制度は無い」
なんて法律に反したことをいう経営者も居ます。

有給休暇って何日あるか知ってますか?

有給休暇は、入社してから半年経つと発生し
その後は一年ごとに新たに追加で発生します。

有給発生と消滅

そして、発生から2年を経過すると、その有給休暇は
消滅してしまいます。

総務の方などに自分の有給休暇の消化、消滅状態はどうなのかを
確認し、把握しておくと良いと思います。

有給休暇の消化というのは、働いている環境によって
大きな差があるように思えます。

私が直近で、係長職をしていた会社の時は
常に有給休暇をフルで消化していました。

その会社は、土日はキッチリお休みでしたが、責任のある仕事で、
毎日20時ごろまで残業。。。しかも、係長職以上は、
裁量労働制という制度のため、残業代は付きません。

毎日残業のストレスのせいか、その会社の女性の多くは
しっかりと有給休暇を消化していました。

でも、その前に10年間勤めていた会社では、有給をほとんど
消化したことがなく、退職する際に、まとめて40日分を消化しました。

その会社は、土日休み、残業ゼロ、仕事のやりがいはあるが
男性社員のフォローという立場で気持ちが楽でしたし

仕事の合間に学校行事やちょっとした用事のために
席を外すことを許される会社でした。

日ごろの仕事の内容、立ち位置で休みを取りたいとか
取らなくてはいけない状況というのに大きな違いがあるのだなと感じます。

有給休暇を取るには・・・・

まず、直属の上司に早めに有給休暇を取りたいことを伝えましょう。
もちろん、繁忙期は避け、その時期に休みを取っても大丈夫か
というのは、ご自分で判断してください。

もし、その休暇で旅行に行く計画があったとしても、会社に
そのことを伝える必要はありません。
申請書には「私用」で大丈夫です。

しつこく聞かれたとしても、本来言う必要はないんですよ。
週に1~2回ある定期的な休日の過ごし方を
会社に報告することは無いですよね?

それと同様で、有給休暇も元々労働者に与えられた「休む権利」
取得するにあたっての目的も過ごし方も自由で大丈夫なのです。

小さな会社になればなるほど、有給休暇を取りたい!と思っても
取りにくい雰囲気の会社ってありますよね?

もちろん、社員数名という会社では支障をきたす事が
多すぎるため難しいのは当然です。

数十名の会社なら、本来は順番に有給休暇を取得しても大丈夫なはずです。
それでも、取りにくい雰囲気の会社ってありますよね?
これは、一人だけで変えようと思っても無理です。

所属グループ、部門など、周りの人との協力で
一人だけが有給休暇の申請をするのではなく
周りの人たちも有給休暇の申請をするようにしたり

飲み会の席などで、さりげなく、有給休暇についての
社員たちの考えを伝えたり、少しずつでも会社側が
変わっていくような流れを作っていくしかないのです。

休暇を取ったとしても、生産性が上がれば会社にとっては
何もデメリットがないので、その部分をしっかりと努力し
アピールしていく必要があります。

アルバイト、パートの有給休暇

なんと!アルバイトやパート労働者にも有給休暇はあるんです。

パートの有給

アルバイト、パートの勤務体制というのは
ある程度、自分の希望の時間帯などに仕事をしているため
有給休暇の申請までは、気がひけるというのが正直な気持ちじゃないですか?

私も今は、パート職員ですので、有給休暇の申請を全面的に
認めてもらおうという気持ちはありません。

でも、勤務日数が少なくなる、お盆、お正月、GWなどに
有給休暇で処理してもらえるとありがたいなという気持ちがあります。

労働基準法に定められていることなので、会社が応じてくれたら
ラッキー程度に交渉してみるつもりです。

私の勤めている会社はワンマン経営の小さな会社ですので
このような交渉ごとは社長に直談判です(笑)

自分の環境を良くしたいなと思ったら、ちょっとドキドキしながらも
自分で立ち向かう(そんなおおごとではないですね(笑))努力が必要です。


併 せ て 読 み た い 記 事

仕事においてのアレコレ

クレーム対応・クレーム処理
失敗から教訓を得て成功する!
1,000時間理論
10,000時間の法則
有給休暇の取り方


 成功するには、まずは相手を知ること!

ネットワークビジネスの基礎をメルマガで学べます!

ネットワークビジネスは、学歴、年齢、男女性差もなく
最初の資金も比較的少額で始められることから
夢を描き、ちょっと安易な気持ちで始めてしまうことが多く

その結果、ネットワークビジネスに参加してから
「こんなはずじゃなかった!」
と後悔し、早々にビジネスも辞めてしまう人も多いのです。

ネットワークビジネスを成功させるには
仕組みや考え方をキチンと学ぶことが大切です。

ネットワークビジネスの基礎から裏側まで
こんなことまで書いちゃっていいの??
という内容盛りだくさん!

どのようなネットワークビジネスにも対応できる内容です。

  • 将来を不安に感じている方
  • 今の収入に不満のある方
  • ネットワークビジネスに興味のある方
  • ネットワークビジネス初心者の方

このメルマガが、あなたの武器となり、盾となってくれますよ♪

mail.jpg

ここで入力いただいた個人情報はメルマガで利用致します。
個人情報をメルマガ以外で利用することはありません。

a:1469 t:1 y:0